Symphonic Moon / Liv Moon

来月待望の新作が発表されるLiv Moonの3rdアルバムです。

元タカラジェンヌAKANE LIV(岡本茜)嬢率いるシンフォニック・メタル・バンドLiv Moon。
デビュー当初はAKANE嬢とキーボード・プレイヤーの西脇辰弥によるユニットのようでしたが、
本作からそれに伴うライブ、そして来月発表される新作まで、メンバーが固定されており、
いまやたた立派な”バンド”といっていいでしょう。

本作は、ジャッケトにも表現されているように、“生”と“死”を象徴する“白LIV”、“黒LIV”がコンセプト。
AKANE嬢の歌唱も、高音(=白)と低音(=黒)を巧みに使い分けており、
表現にも幅が出てきたように感じます。

楽曲面では、ANTHEMのギタリスト清水昭男による①Amen!や②零の天使を筆頭に、
まさに“シンフォニック・メタル”と呼ぶに相応しい曲が並びますが、
複数の外部ライターを起用しているせいか、曲の出来不出来にバラつきがあるのがちょっと残念。

とはいえ、さすがタカラジェンヌという感じのオペラティックなAKANE嬢の歌はもちろん、
バックを固める大村孝佳(Gt)、MASAKI(Ba)、前田秋気(Dr)、西脇辰弥(Key)の演奏も素晴らしく、
アルバム全体としての完成度は高いです。

ちなみに、ジャニーズ好きのうちの息子も最近気に入ってるようです(笑)

北欧神話がテーマだという新作には、AngraのKiko Loureiro(Gt)や、元EuropeのKee Marcello(Gt)らが
ゲスト参加しているとのこと。楽しみ!

広告

~ by kazuminoguchi : 2012年8月21日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。